もろもろ

もろもろ最近のことなど記録。

ものづくりの方は、本文を切って折って穴を開けて糸で縫って背を補強して端を切り落とすところまでこぎつけました。今回、ここまでの作業が随分時間かかりました。なんでだろうと思ったら、なんでだろうもなにも一度につくる数が多いからなので、当たり前なのでした。

一冊の本文をつくるのに、二冊分をつくるのです。

まずはminneへUPする最初の十冊分。全部で五十冊つくるので、そうか、百冊分の本文をつくる予定。

あれ、軽い気持ちではじめたのに、結構大きいな、野望が。

まあ、つづけていればいつか終わるから大丈夫です!

穴を開けた本文を糸で縫うところ。穴は目打ちで一折ずつ開けていますので、ちょっとずつ折がずれてしまっています。
穴を開けた本文を糸で縫うところ。穴は目打ちで一折ずつ開けていますので、ちょっとずつ折がずれてしまっています。
その後いろいろなことがあって、この形までたどりつきます。端(前小口)を切るのが苦手でしたが、今回ちょっとコツが見えた気がしました。おお。
その後いろいろなことがあって、この形までたどりつきます。端(前小口)を切るのが苦手でしたが、今回ちょっとコツが見えた気がしました。おお。

本の中身のこと。

実は印刷がどうしてもうまくいきません。

絵の色が他の白くあってほしい部分へすれて付着してしまいました。

プリンターのクリーニングをしても改善されず。

これには困りました。まだ解決せず。一応値引きしたお値段でminneへUPすると思いますが、もしかしたら後から印刷する分だとその問題が解決されるかもしれません。(いつになるかわからないですが…)

とりあえず色々できそうなことを試してみます!


我が家の三毛猫も顔を洗いながら頷いてくれています。


「まあ難しく考えずにね」
「まあ難しく考えずにね」
「あ、かゆい」
「あ、かゆい」
「鼻もかゆ」
「鼻もかゆ」
「あ、やってみたらいいんじゃなーい?」……目つきが肉食動物です。
「あ、やってみたらいいんじゃなーい?」……目つきが肉食動物です。

以上、猫の動きが速くてシャッターが追いついてません写真でした。笑。

もしかして設定をどうにかすれば速さにおいつけるのかしら。カメラの仕組みがよくわかりません!


猫といえば。

先月口内炎に苦しめられ、お粥やおじやばかり食べておりました。

そのときに役立ったのが吉田戦車先生の「おかゆネコ」

※ネコのツブがしゃべり病(動物が人語を喋り知能も人間並みになる病気)にかかり、三十歳代男性八郎のもとで妻のようにおかゆをつくるマンガです。

連続口内炎発生事件までは、まさかおかゆネコのレシピをひとつでも試してみようとも思わなかったのですが、事件に至り、ひとまずおかかと梅のお粥を試してみました。それがおいしかったー。塩気がなくてもいけるっていう多田さんの言葉通りでした! なにが役に立つかわからないですねー。そしてうちの子がおかゆネコだったらいいのにっていう妄想をまた激しくいたしました。おかゆネコでなくてもいいからしゃべり病にかからないかなー。


さてさて、今回は写真もろもろ。つづいては。




こちらは2015年2月11日のイベント。

Brilliant Oasis

ボディーヒーリングやハンドメイドの作家さん達が集まるイベント。

いつもからだのメンテナンスでお世話になっている方が参加するので、私も興味津々です。

その方はボディートーク療法というもので参加するhiroさん

hiroさんは笑顔のすてきな頼れるお姉さん。職場のお仲間です。

「生きていくのが楽になった」と思ってもらえるようなセッションを、という活動を見ていて、すばらしいなあと感じています。

たぶんそんなプラスの思いがあふれてるイベント。

そういうプラスの思いの多い場所に行ったり話をしてみるだけでも、自分の気分がよくなったりすることもありますよね。(同じ理由で神社でまったりお団子を食べるのがすきです)

仙台のstudio LUMO Collectionが会場だそうですので、お近くの方はぜひぜひー。