秋ですね。

おそろしい暑さが急に過ぎ去り雨の日々。

虫の声がなんだかさみしくなってきた気がします。

秋の気配ですね。

それにしても暑い夏でした。

宮城で気温が37℃にもなるだなんて。

立ちあがった時の熱気がすごい。

床に近いところのほうがいくらかまだいい。伸びました。床に伸びましたよー。

部屋で過ごす猫のために、すだれを設置したり、冷却装置を置いたり。

ありがたいことに、人間も猫も体調を崩すことなく乗り切りました。

noteのほうでは、頭があんまり機能しなくて、大好きな猫のことしか考えられませんでしたので、暑中見舞い猫やら架空猫映画ポスターやらニャンコにデレるニャンデレラのおはなしやらをつくっていました。

禁酒をやぶってビール飲んじゃいましたし、夏でしたねえ。

夏でした。



そんなこんな。

熱の季節が過ぎたので、電化作業回復です。

トップページの牛さんにも退場いただけました。

おはなしの喫茶室、ゆるゆると再開でございます。

9月は一日ひとつなにかを書くことにチャレンジしようと思い立ち、「奥の台所」に「9月のおはなし」コーナーをつくりました。なにが出てくるのか自分でもわからないです。明日書くこともわかりません。どうなるのか楽しみです!


そして、秋の予定です。

今年は秋の文学フリマ@東京はお休みになります。

どうしてもつくりたいものがありまして、秋冬の創作時間を確保するため、お休みすることにしました。来年の5月の文フリは参加したい予定でおります。

参加しないことにした分、11月にminneで「迷子の羊/雲をこねる詩人」「雨/飴の商品型録」を少数期間限定で再販しようと計画しています。もしも興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、その機会をご利用くださいませ。よろしくお願いいたします!


それでは、涼しくなった秋を存分にお楽しみくださいませ。