夢を手づくりする会

10月になりました!

金木犀の盛りも過ぎ、朝晩が冷えてきましたね。今の時期くらいのひんやり感は割とすきです。

気がしずまります。

さて、ひとつ新しいことを始めます。

屋根裏部屋に増えた小部屋『夢を手づくりする会』です。

こちらは「がんばりナースのサポーター 齋藤裕子」さんとのコラボ企画です。

 

裕子さんは、ここ2〜3年ほどずっと励ましあってきた仲間のひとり。

それぞれ目標は違いましたが、集まっておしゃべりしたり、メモリーオイルをつくったりする仲間。

そういう仲間がいたので、次のステップへ、次のステップへ、と気持ちを前に向けてやってくることができました。

今はみんな、当時の願いを叶えて、それぞれの道を歩んでいます。

 

8月に開催した「メモリーオイル調合&転がる本をつくる会」は、実を言えば、新しい活動を始めていく裕子さんへのはなむけとして、「メモリーオイル調合会」を私が勝手に企画したものでした。

 

裕子さんには「企画=プレゼント」なことは当日まで内緒だったので、ばれないように、私も「ころがる本をつくる会」を勢いですることになってしまったりしたのでした。

 

自分がなにか会をするというのは全然考えていなかったので、その部分はかなり強行開催でした。

 

でも、やってみて思ったことがいくつかありました。

 

労働する大人が、まとまった時間に集中して何かをつくったり、それを誰かへ向けて表現できる場は貴重かもしれないということ。

 

また、自分のなかにある思いや気持ちを形にして、安心して表現できる場があったらいいのじゃないかということ。

 

そして、メモリーオイルというものが、自分の内面を探るツールにもなるということ。

 

私自身、仲間で不定期に集まってああだこうだと、できた時期というのは幸運だったと思います。

そういう人の輪があったら、夢も叶えやすいのじゃないかなあ。がんばりがいがあるのは確か。

 

そういうわけで、『夢を手づくりする会』をつくってみようと思ったのです。

 

なにかに向けてがんばっているひと。

状況を打破したいと奮闘しているひと。

 

そういうひとたちが大好きです。

応援したい! というのはちょっとちがうかな。

一緒にがんばりたい! のほうが合っている気がします。

 

夢を追いかけたいのでもなく、夢とともにありたい。

未来を自分の力でつくっていきたい。

同じ仲間と出会いたい。

そんな気持ちでお待ちしています。

 

記念すべき第一回目の場所は北仙台にあるナチュラルセラピー心緑さんをお借りします。

普段はアロマセラピーの教室などをされています。

 

11月18日は新月の日。

新月、朔はそこからまた月がふくらんでいく時。

願い事を心に描くには最適と言われています。

 

興味のある方はぜひぜひどうぞ、お気軽にお声がけくださいませ。