文学フリマ、ありがとうございました。

昨日は第17回文学フリマ、ブースへお立ち寄りいただきましたみなさま、ありがとうございました。

 

いろいろな方に手に取って見ていただけて、うれしかったです。

そしてまた新しいもの作りの作家さんを見つけたりして、楽しい日でした。

 

そで擦りあうも多生の縁。

参加するたびにすてきな出会いをいただいているように思います。

 

Twitterでの「おはなし手帖」を始めるまで、あんまり自分に正直には実は過ごしていませんでした。

すきなもの、自分の大切にしていること、そういうものを周りの人に明かさずに、自分の中に隠していることが多かった。

 

震災があって、生きている時にできる最大で最低限のことは「挑戦すること」だと考えました。

ひとは歳を重ねるごとに挑戦することが増え、それはどんどん大きな挑戦になってゆくと、最近感じます。

 

旅立とうとする時、先端の血管がしまり、重要な臓器へ血液を送り、最大限に筋力をつかって呼吸します。

ひとは意識がなくなっても、生きようとする。生きる努力をする。生きることに挑戦している。

 

いつでも、最大に、できることに挑戦する。

 

そう決めて、少しずつ生活を変えてきました。

のんびりは変わらないんですけれど。

そうして、自分のこころに正直に、忠実に、してみることで、ちょっとずつもらえる縁があるということが、うれしいです。

 

昨日ブースへ寄ってくださった方がいたということ、ありがたく思っております。

お客さまのやさしいお顔を見て、つくった作品は、きっと届くべきところへ収まれたのかなと思えました。

また、Twitterでの告知をRetweetしてくださったり、お気に入りにいれてくださったり、もう、どこへ頭をさげていいのかわからないので、全方位にお礼いたします。

 

今後もものづくり修行に励みます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    エルボー (木曜日, 07 11月 2013 19:30)

    わくわくするのっていいですね(^^)

  • #2

    kakura (土曜日, 09 11月 2013 15:53)

    エルボーさん
    こんにちはー。
    わくわくすることなら、きっと気持ちに正直なことなんだろうなって思えます。