岩手文学フリマ 人魚の脚を配ります

6月17日、岩手文学フリマで、ちいさなおはなし「人魚の脚」を配ります。

豆ペーパーです。

20部つくりました。

 

紙は上質白老。

 

以前、「これはコピー紙?」と尋ねられたことがありますが、

コピー紙よりも、つるっとしていて、ハリやコシがあります。

触ってみると、違いがよくわかると思います。

コピー紙がポリエステルのお洋服だとするなら、

こちらは綿100%な雰囲気です。

 

アイロンがけした綿のシャツ。

そんなパリッとした格好いい紙。

 

ぜひ手にしてみてくださいね!

 

 

と、紙のおはなしで終了するところでした。

 

「人魚の脚」はたぶん一番最近に書いたおはなしです。

本に仕立てたものは、どうしても少し前につくったものになるので、

なるべく「今」に近いものも見ていただこうということで、フリーペーパーにしてみました。

 

〈人魚〉がどうやら好きみたいです。

見世物小屋的な悲哀。

海の生き物が、陸にあがろうとする強い決意。

人造的な雰囲気。

異種族の間の子。

〈人魚〉にふくまれる物語のイメージが引っかかるのだろうなあと思います。

奇怪なものは、孤独で、哀しくて、その分、強烈な魅力があります。

 

いびつなものに心を惹かれる。

 

そんな方に、おすすめのちいさなおはなしです。

よろしくどうぞ!