「三月のくじら」

 

空に飛び出たくじらは

夜の星と眠る人々の夢を

大きなひれでもってかすめ取り

暗い海にひそむものたちへばらまいて泳ぐ

 

泡立ち にごり きらめいて

深い深い底まで届く

きっと届く

 

くじらは信じて

空を飛んで海へ戻る

何度も

今夜も

繰り返している

                 (2011/6/11)

 

 *

 

 

空と海とをかきまぜつづけたくじらは

やがて海から飛び出したがる色とりどりのヒトデを見つけた

 

くじらの吹く潮に乗って

ヒトデはきらきら舞いあがる

おかえり おかえり あなたの宇宙へ

 

くじらは歓び

海底をさらい

尾を打ち

潮を吹いて

泳ぎ廻る

 

おかえり おかえりと 歌いながら

                     (2012/3/11)

 

 *

 

 

「そろそろあのくじら、まいってきたのじゃないかい」

空と海をかきまぜつづけるくじらを眺めて陸のだれかがつぶやく。

「どれどれ、あの大きな肉のかたまり、穫りに行こうじゃないか」

煙草をふかしてあのひとがいう。

「やれやれ、傷に薬を塗りに行ってやろうじゃないか。ねじりはちまきをしたあのひとがいう」

くじらの立てるしぶきの音も聞こえない、お酒にひたったあのひとは、なにもいわずにげっぷを吐いている。

                   (2013/3/11)

 *

ベルが鳴った
そのあいだ 
世界が静かになった
沖を見れば
くじらは海をかきまぜつづけている
沈むヒトデを噴きあげ
光る空へ届けている
「いつ終わるんだい」
漁船が声をかければくじらは答える
「また始まったんだよ。始まりつづけるんだ」
                                                        (2014/3/11)

  *

 

 

春を打ち消す雪が波頭に触れて

少女は黒い砂を盛る

 

とがった断崖に膝をつき

遠い処の青い天を想像する

 

お元気ですかと目でささやき

爪にはいりこんだ砂を噛む

 

ちいさな肩へ手を置くように

くじらの声が届く

 

高く

高く

高く

高く

 

少女は立ちあがり

膝に砂のついたまま海を見渡す

            (2015/3/11)

 

  *

 

 

もう降らないと思った雪が

夜になって降っている

白いひとひらに

くじらからの手紙がまざっていた

 

「ドウシテマスカ、飛ンデマスカ泳ギシテマスカ、笑テマスカ」

海月のインクで記された言葉は

すぐに手のひらで溶けた

 

「あれから梅の木が育った気がします。すこしだけ」

私は返事を風へ渡した

          (2016/3/11)

 

  *

 

わたしは貝を拾う

足が見つけたときだけ

 

わたしは貝を埋める

風が巻きあげようとするから

 

ちっぽけだった

ちっぽけさは変わらない

 

いつかぜんぶくじらへあげようと思ってる

 

それまでまた

貝を拾って

貝を埋める

                          (2017/3/11)