夏至に「ミドリコ、」販売開始します

こつこつ作っておりました、「ミドリコ、」明日6月21日よりminneとnoteにて販売を開始します。

送料などの関係で販売価格が違いますので、ご注意くださいね。noteの方は送料込みのお値段になります。

「ミドリコ、」はこの形になるまでに何年かかかりました。

イメージと意図にぴったりとする文のつくりに至るまでに随分時間が必要でしたし、製本の仕方を理解するまでにも手こずりました。

全部で36冊、本日編み終わりました。長い道のりだったなあ。

 

この本は「ミドリコ、」と呼びかけるタイトルから始まります。

最後まで読んでいただいたあとで、「、」へ込めたなにかが伝わったらいいなあと思っています。

表紙は月面模様の紙。窓から見えるのは懐かしいいつかの海か、はたまた地球の青か。

読者の方が月面に立って、地球の海を眺める構造になっています。

 

そしてnoteでは「コブの涙」の販売もいたします。minneでは冬季に販売したので、今回はお休み。もしもminneでも販売をという方がいらっしゃったら、どうぞお声がけくださいませね。

 

「コブの涙」はひとの涙を預かる駱駝が逃げてしまったお話です。

駱駝に逃げられて涙の止まらなくなった紳士が、駱駝へ思いを馳せながら探します。

白と黒の本。光と影の本です。

それでは、どうぞよろしくお願いいたします!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ryoichi (金曜日, 01 7月 2016 12:59)

    「ミドリコ、」が出来上がるまでに何年もかかったんですね。かくらさんの思いの詰まった作品です。大事にします。

  • #2

    かくら (土曜日, 02 7月 2016 14:57)

    ryoichiさん コメントをありがとうございます。また、そのように作品を手元に置いていただけて、うれしいです。そちらへ巣立った「ミドリコ、」も幸せだなあと思います。ありがとうございます!