文学フリマ東京

春ですね。

白木蓮が咲き、桜が咲き、あまい香りの季節になりました。

ということで、今年も文学フリマが近づいてきました。

 

春の文フリの頃を境目に、その年のチャレンジテーマが決まっていきます。

去年はちょうどふたり展四十雀の芽が出始めて、一年は展示のことを考えていたように思います。

今年はどうなるかな?

 

文学フリマ、今年は3つ参加です。

5月東京と6月岩手は直接参加。

5月後半の金沢は初委託参加。

 

どんな出会いや思いつきがあるのか、今から楽しみです。

 

ふたり展で得た小技(?)も出店時には活躍させる予定です。

どんな小技か、見物に来てみてくださいませね。

 

そうそう、東京の文学フリマ。

開催は11ー17時なのですが、今回、私は14時頃までの参加となります。

というのも、一年に一度だけ仙台にライブへやってくる大橋トリオさんが、なんと5月6日にお越しなのです。

 

毎年、大橋さんのライブをたのしみに、生きています。

大橋さんのライブって、心底音楽をひとに楽しんでほしいっていう、そういう感じで、技を尽くした贅沢な時間なんですね。

実は、お客さまへ対する心構えの私の理想というか、あこがれが、大橋さんのライブからもらったものです。ああいう風に、ひとにたのしんでもらいたいなあと思わされるのです。

で、ライブは「一年どうだった? がんばった? また一年がんばれる?」って自問自答する時間なのです。とっても大切。

ねえ、もう。まさか重なるとは思いませんでした。なにかを試されているのでしょうか。笑。

 

 

そういうわけで、すみません。文学フリマ東京では途中退席して、宮城へひゅんっと帰ります。

3時間だけの出店となりますが、準備はしっかり整えてゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

____________________________

 

◇東京文学フリマ出店品◇

 

★new★豆本「四十雀」(僅少)¥1000円

★new★豆本「王様と番人」¥300円

★new★「アカパナの手紙」特装版¥1350円/通常版¥800円

豆本「クレッシェンド」¥800円(僅少)

新装版「緑街」(特製移住者証栞プレゼント)

____________________________